緋色雪先生 新作版画登場!

版画情報 2018.12.17

今回は緋色雪先生の

神絵祭用描き下ろし新作版画をご紹介!

 

美しい和服美女が月夜に舞う姿を描いた

『芒に月』 (すすきにつき) という作品です。

 

0013_芒に月_web3

 

この作品の前に描かれた『花言葉』という作品は、

花札の『桜』をテーマにした作品でした。

 

今回は花札の『芒に月』をテーマに、

先生の美しい和服美女を描いていただきました。

 

先生のこだわりは何と言っても帯の柄と着物の柄の細かさ。

 

0013_芒に月_web2

 

先生はパターンを用いず、一からご自身で模様を描かれています。

そのため完成まで大変なお時間を要するのですが、

着物の柄で妥協をされることはありません。

 

0013_芒に月_web4

 

繊細な模様と女性の優美さに感動します。

 

版画では大きさも迫力がありますので、

作品の魅力をダイレクトに感じられることでしょう。

 

ぜひ、先生の描く和の美しさを、

会場でご堪能ください!

 

PAGETOP